歯科でシッカリ口内治療|キチンとした歯で健康維持

自己負担で治療する

洗顔セット

矯正治療にかかる医療費

歯並びを正す「歯列矯正」は保険が適用されないため、すべて自己普段になります。治療をする前のカウンセリングは無料〜3000円ほどかかります。そして治療計画や治療方針を決める診断料が約30,000円程かかります。レントゲン撮影や写真撮影などの精密検査料は約50000円が平均的な金額です。 矯正治療費は選択した矯正装置によって異なります。表側矯正なら50万円〜100万円、裏側矯正なら100万円〜150万円ほどかかるのが一般的です。治療中は矯正装置の調整料が4000円〜8000円程必要になります。 治療後は歯並びが元に戻る「後もどり」がないかどうかチェックするための定期検診があり、一回あたり3000円ほどの医療費がかかります。

矯正歯科の種類と特徴

矯正歯科がある歯科クリニックでは歯の歯列矯正ができます。矯正歯科の歯列矯正は顎の骨が発達する前に行うする「小児矯正」と、大人になってからする「成人矯正」に分ける事ができます。 小児矯正はあごの骨の発育に合わせて歯並びを正しい位置に戻していく矯正法です。あごの骨の歪みも同時に改善できます。子供のころに歯並びを改善しておく事で学力や体力の向上に繋がると言われています。 最近は大人になってから矯正歯科で成人矯正をする人が多くなっています。大人になると顎の骨が完成してしまっている状態なので矯正治療に時間がかかると言われています。しかし、最近はスピード矯正など短期間で歯並びを改善できる矯正システムも増えてきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加