歯科でシッカリ口内治療|キチンとした歯で健康維持

二つの方法で白く

歯医者へ行きたい

ホワイトニングにかかる費用

歯磨きをするだけで歯が白くなるという歯磨き粉やデンタルグッズが沢山売れています。しかし、市販されている薬剤は個人でも安全に使えるように濃度が低くなっているので、効果に限界があります。本格的に歯を白くしたいなら歯科医院を利用してホワイトニングをすることをお勧めします。 オフィスホワイトニングは歯科医院内で高濃度薬剤を使用して行うホワイトニングで、上下合わせて4万円〜10万円ほどの料金でできます。一本にすると3千円が平均的な金額です。歯科医院で歯型からマウスピースを作ってもらい、それを使用して自宅でホワイトニングをするホームホワイトニングは2万円〜5万円と、オフィスホワイトニングよりもリーズナブルになっています。

ホワイトニングの誕生と歴史

審美歯科は歯を可能な限り白く美しくすることを目的に治療をするところです。審美歯科という診療項目が生まれたのは1960年代のことです。それまでは歯科医院といえば単に虫歯や歯周病を治療するところでしかありませんでした。1960年代のアメリカで「歯の美容」という考えかたが生まれ、ホワイトニングが誕生しました。 ホワイトニングが誕生した当初は、大型のランプを長時間歯に照射する方法だったため、歯に対するダメージが大きく、治療のストレスも大きいものだったためあまり普及しなかったと言います。 しかし、時代とともにホワイトニング治療の改良が進み、1990年代になると短時間でホワイトニングができる薬剤が開発されて瞬く間に普及しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加